誤飲・誤食に気を付けよう!!

こんにちは、獣医師の浴本です。


週末は、あちらこちらでハロウィンで仮装した方・お子様を見かけました。

ここ数年?で、ハロウィンの仮装を楽しむ方が増えましたね。

わんちゃんの仮装も見かけますね。

皆さんは、ハロウィンを楽しんでますか?



さて。

今日のテーマは誤飲・誤食。

「〇〇をたべちゃいました」と、診察に来られる方も、ちょこちょこいます。


食べてしまうものはいろいろです。


ボタン電池

お子さんのおもちゃ

輪ゴム・ヘアゴム

縫い針

ひも状のもの

スーパーボール  

飼い主様のお薬

ホッカイロ   などなど


吐かせて大丈夫なもので、食べてすぐであれば、吐かせる処置を行います。

ただ、串や針などは吐かせると危険なので、手術で取ることになります。

食べてから時間がたって、胃を通過し、腸で詰まってしまった場合も

同様に、開腹手術となります。


誤飲・誤食は飼い主様が気を付けていただくことで防げるものです。

また、色々なものを食べてしまいがちなわんちゃん。ねこちゃんもいます。

わんちゃん、ねこちゃんが届くところに、置いておかないようにしましょう!!





きたじま動物病院 花畑センター

東京都足立区花畑四丁目にオープンいたしました🌸 当院では犬、猫の診療とペットホテルを行っております。 お家のわんちゃん、ねこちゃんのことでお困りのことがございましたらお気兼ねなくご相談ください🌸