わんちゃんの接し方②

こんにちは、獣医師の浴本です。


今日はわんちゃんの接し方その2、です。


前回、わんちゃんの目👀を見て、まっすぐに行っちゃダメですよ、

と書きました。

じゃあ、どうやって近づくのがいいのか?というと・・・

・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・

目を合わせず、横を見たり、視線をそらしながら、

カーブを描いて近づく、のがいいのです。


目を合わせないことで、相手のわんちゃんに、

ケンカする気はないですよ。

怖がらないでください。

と、伝えることができるのです。


私達は、前から近づいてくる物や人に対しては、

身構えることができますし、

防御の態勢をとっさにとれますが、

後ろや両脇からの攻撃には弱いですよね?


それはわんちゃん達もおなじこと。

だから、あえて体の横を見せながら近づくことで、

攻撃する気はないですよ、とか、

だから落ち着いてください、という

メッセージを相手に送ることになるのです。


気を付けて近づくことで、

いつもわんわん吠えちゃうわんちゃんも、

吠えないかもしれませんよ。






きたじま動物病院 花畑センター

東京都足立区花畑四丁目にオープンいたしました🌸 当院では犬、猫の診療とペットホテルを行っております。 お家のわんちゃん、ねこちゃんのことでお困りのことがございましたらお気兼ねなくご相談ください🌸