「もしも」の場合に備えてますか?

こんにちは。

獣医師の浴本です。


自然災害や地震が各地で起こっていますが、

みなさんは、もしもの時の備えは万全ですか?


ペットを飼っている方は、

自分たち人間の必要なものだけでなく、

わんちゃん・ねこちゃん用のご飯なども

備えておかなくてはなりません。


もしもの時、みなさんは、

ご自分のわんちゃん・ねこちゃんを連れて避難しますか?

それとも、

ご自宅に置いて、避難しますか?


環境省では、一緒に避難する「同行避難」を基本としています。


ただし、ご自宅近くの避難所が、

避難所で一緒に過ごせる「同伴避難」ができる避難所、

とは限りません。

一緒に避難をしたものの、

わんちゃん・ねこちゃんは建物の外のケージで・・・

という場合、備えは水や食料だけでは不十分です。


一緒に避難する場合、

ケージの中で大人しくしていられること

他の人やわんちゃんに対して、攻撃的ではないこと

鑑札やマイクロチップなど、迷子対策

などができること(できていること)も大切になります。


避難所には、

動物が苦手な人、

アレルギーがある人、

などもいるというこを忘れてはいけません。


ペットのことでトラブルにならないよう、

日頃から、気を付けたいところです。







きたじま動物病院 花畑センター

東京都足立区花畑四丁目にオープンいたしました🌸 当院では犬、猫の診療とペットホテルを行っております。 お家のわんちゃん、ねこちゃんのことでお困りのことがございましたらお気兼ねなくご相談ください🌸