獣医師の浴本です、よろしくお願いいたします。

はじめまして。


前回、看護師の酒井さんの自己紹介ブログがありましたので、遅ればせながら自己紹介をさせていただきたいと思います。


昨年9月からきたじま動物病院の仲間入りをいたしました、獣医師の浴本(えきもと)です。

ちょっと珍しい名前ですが、覚えていただけたら嬉しいです。

そしてこちらが愛犬 ごん太です。

大き目ですが、チワワです。

今はわんこを飼っていますが、その前はにゃんこがいました。

犬派?猫派?と聞かれることがありますが、両方大好きなので、選べません。。。


出産と育児でブランクはありますが、ご縁をいただき、細々と臨床に携わってきましたので、

獣医師歴は結構長いです。

日々更新される医学情報に取り残されないよう、頑張っています。


基本的に、月・火・木は花畑センター、水曜日は本院に勤務しています。

他に、動物看護師やトリマーの専門学校の非常勤講師をしています。

そしてこのたび、花畑センターにて鍼灸治療を担当させていただくことになりました。


子供が小さいころは、なかなか動物病院で働くことが難しかったので、ペットの鍼灸治療やヒーリング、ペットの手作り食や薬膳につい学んだりしていました。


そもそも、なぜ、鍼灸や薬膳といったものに興味をもったのか?というと、自分が不妊症であったこと、そして、生まれてきたわが子がひどいアトピーだったからです。

西洋医学のみの治療に100%納得できず、他には・・と探していたところ、漢方や食事療法にたどり着きました。

そして、西洋医学のいいところは取り入れ、それでは補えない部分を漢方薬や食事でカバーする、という感じでやってきました。

悩んだり、落ち込んだりすることもたくさんありましたが、不調があったおかげで色々なことを体験し、学ぶきっかけになり、ある意味よかったな~と今では思っています。

ペット向けではありますが、鍼灸の知識は人間にも応用できるものなので、自分や家族の体調不良の際にずいぶんと役に立ちました。

アトピーがひどかったわが子は年齢と共に皮膚の状態が良くなりました。季節によって肌の状態は変わりますが、いまではステロイドの薬に頼ることなく、保湿クリームで一年を過ごす事ができています。


という経験から、病院犬ジャックンにも、低脂肪の処方食に手作り食を実践しています。


ペットにも西洋医学と中医学の両方のいいところを取り入れ、病気が改善するよう取り組んでいきたいと思います。


どうぞよろしくお願いいたします。







きたじま動物病院 花畑センター

東京都足立区四丁目にオープンいたしました🌸 当院では犬、猫の診療とペットホテルを行っております。 お家のわんちゃん、ねこちゃんのことでお困りのことがございましたらお気兼ねなくご相談ください🌸